東海版 ブルーボックス発!大好評のメゾネットパーク 最新情報をブログで公開中。

   
2018/06/29(Fri) このエントリーをはてなブックマークに追加

約15年ぶりの大接近!7月15日は火星を観測する138タワーのイベント「星空観察入門」

kase1.jpg

約15年ぶりに大接近する火星。一番大きく見えるのは7月31日と言われています。
そんな火星を大接近前の7月15日に、138タワーの星空観察入門で観測することができますよ!


大接近で7倍の大きさに見える

kasei3.jpg


普段の火星は、天体望遠鏡を使っても赤い丸い点にしか見えません。
しかし大接近の7月31日には、通常の7倍もの大きさで見えるそうですよ。


大接近当日でなくとも、前後1ヶ月くらいはいつもより大きく見えるそう。
7月15日の観測会のときにも十分に大きく見えるでしょうね。

ちなみにこの大接近の次は、17年後。 今年は見逃さないようにチェックしたいですね。


国立天文台による火星大接近の動画です。
どの当たりに何時頃見えるか、わかりやすく解説していますよ。







大接近当日の夜9時頃、南東の低い空に見えるそうです。

138タワーの観測会は7月15日(日)18:45~20:45まで。野外ステージ前広場集合で、参加費は無料で随時受付。


望遠鏡で星空を観察するチャンスなので、時間が合う方はぜひ行ってみて下さい。 明るく見えるので、肉眼でもわかるかもしれませんが望遠鏡で観測するメリットは、火星の表面の「大シルチス」の観測ができること。


これは岩石の成分の違いや地形の影響で、ところどころに黒っぽい模様があることをいいます。 火星の黒っぽい模様を観測できるのは、望遠鏡ならでは。


観測する日によって模様に個性があるそうなので、この日はどんな風に観測できるのか楽しみですね。


夏は天体観測が楽しい時期。次回は8月19日に惑星が一同に集まる夜空が観測できるイベントがあるそうです。 こちらもぜひチェックしてみて下さい。

138タワーの星空観察入門がある一宮市の物件はコチラ

ランキングにも参加中!!ぽちっとお願いします☺

にほんブログ村

はてなブックマークはじめました!!
気になった記事はぽちっとブックマークおねがいします☺

各種SNSもやってます!!是非♡
Instagram  pinterest
Facebook  twitter
RoomClipもよろしくお願いします♡
LINE@ → 各支店名で検索してね☺
愛くるしいペットちゃん満載な
ブルーボックスなわんにゃんもよろしくおねがいいたします♡
  • 愛知・岐阜エリアで賃貸住宅をお探しなら!
  • ブルーボックスな人々
  • フリーペーパーのご紹介
  • 星座で占う今月のお部屋探し
  • facebook
PVアクセスランキングにほんブログ村