東海版 ブルーボックス発!大好評のメゾネットパーク 最新情報をブログで公開中。

   
2019/02/ 5(Tue) このエントリーをはてなブックマークに追加

国府宮はだか祭・神男決定など2019年のスケジュール

pixta_4745795_S.jpg

毎年恒例の国府宮神社のはだか祭。今年は2月17日(日)開催です。 日曜開催なので、会社員の方も会社を休まずに参加ができそうですね。 今年のスケジュールをざっくりと紹介いたします!

2018年の儺負人(神男)は2月6日に決定

7850a2b8b5ad08c914f5692cf51e17c5_s.jpg

参拝客は昨年は約8万人、裸男は数千人の大規模なお祭り。 祭りの主役は、その時の厄を一身に背負うとされる儺負人(神男)で、その選出方法は祈祷とみくじで、一番くじを引いた人が神男となります。

基本は1名ですが、万が一の時の控えの方も同時に選出します。 この選出式は儺追殿にて、希望者は正装し神様の前で厳かに行われます。


神男は神事の3日前か儺追殿に籠もりこの間の食事は、白ご飯、たくあん、白湯のみと質素。 しかも、この間は神職社以外誰とも接触を図ることができません。

お籠りを続け、ようやく人前に出るのはお祭り当日の第2部・儺追神事から。
血気盛んな裸男の群れの中に、一糸まとわぬ姿で登場し、儺追殿まで駆け抜けるという大変なお役目です。




その年の神男に触ると良いことがあるとされていて、裸男たちも必死です。
毎年テレビでも放送されますが、裸男の熱気はすざまじいもの。
そんな中を裸で駆け抜けるとは、相当な体力に自信のある方でないとつらそうです。
実際数年前の神男は、ラグビー経験者で屈強そうな方でした。



もちろん神男一人では、もみくちゃにされて前には進めないでしょう。
そうならないためにも鉄鉾会(てっしょうかい)と呼ばれる、歴代の神男経験者のサポートがあります。
神男をゴール地点である本殿まで誘導し、裸男から神男を護ります。裸男たちから冷水をバシャバシャ浴びせられるので、こちらのお役目も大変ハード。


身を挺して厄払いをしてくださる神男、すごいですね。




大鏡餅の制作を歴て裸祭り



2月10日から大鏡餅のもち米を洗い、翌日餅つきをして、15日に飾り付け、16日に奉納されます。



そして今年の神男は14日から儺追殿に籠り、はだか祭終了後、真夜中に夜儺追神事を経て家に帰ります。



この大鏡餅はとんでもなく大きいので、16日の奉納も見に行くと面白いかもしれません。



意外かもしれませんが、はだか祭終了後もイベントがあります。
大鏡餅のお下がりは18日より行われ、こちらもありがたいお餅として大人気。21日は的射神事(まといしんじ)、24日は恒例のなおい茶会が行われます。



今年は開催までギュッと詰まった感じになっています。
17日は日曜なので思い切って裸祭りに参加してみてはいかがでしょうか。


裸男からなおい布をいただくと幸運になるといわれていますよ。

はだか祭のある稲沢市のおすすめ物件はコチラ

ランキングにも参加中!!ぽちっとお願いします☺

にほんブログ村

はてなブックマークはじめました!!
気になった記事はぽちっとブックマークおねがいします☺

各種SNSもやってます!!是非♡
Instagram  pinterest
Facebook  twitter
RoomClipもよろしくお願いします♡
LINE@ → 各支店名で検索してね☺
愛くるしいペットちゃん満載な
ブルーボックスなわんにゃんもよろしくおねがいいたします♡


  • 愛知・岐阜エリアで賃貸住宅をお探しなら!
  • ブルーボックスな人々
  • フリーペーパーのご紹介
  • 星座で占う今月のお部屋探し
  • facebook
PVアクセスランキングにほんブログ村