東海版 ブルーボックス発!大好評のメゾネットパーク 最新情報をブログで公開中。

   
2018/02/ 1(Thu) このエントリーをはてなブックマークに追加

国分寺マルシェも!2月3日は矢合観音で節分豆まき

ba6dfb49ab9158f14714622a0dfdc540_s.jpg

2月3日は稲沢市の矢合観音で豆まきが行われます。 この日は土曜日なので、3のつく日に行われる国分寺マルシェも開催。 国分寺マルシェは、矢合観音から徒歩5分。マルシェ好きからも評価が高く、全体的に「ほっこり」した雰囲気です。


万病に効くお水が有名な矢合観音

矢合観音はお寺ではなく、一般のお家に観音様をお祀りしているという珍しい形式です。

その観音様には病を治す力があるということで、近隣だけでなく全国から参拝に訪れるようになったとか。


敷地内には井戸水があり、このお水は自由に汲むことができます。 病気で入院してる方のためにもっていったり、できものに塗ったりする人もいるとのこと。


お水は持ち帰るだけでなく、観音様の前でご祈祷もしてもらえるそうです。 紙に治したい部分と住所や名前病名を書くだけ。 しかもその料金は「志」と明確にしていません。なんだか懐の深さを感じますね。 ただ、祈祷用のお水は1.5リットルなど大きな容器はNG。 そのあたりはなんとなく気を利かせて、ご祈祷する方が持ち運びしやすいサイズにしたいですね。


豆まきは3回


この日の豆まきは11時から、12時半から、14時からの3回です。 かなり込み合うイベントなので、人数が多すぎる場合は入場制限があるとのこと。 豆まきは甘春堂のサイトによると、以下のように説明されています。


「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。 昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

どんな風に豆をまくかはわかりませんが、今年1年が病気知らずで過ごせるようにという願いが込められいるのです。 治したい病気がある方は観音様のお水も一緒にいただくと、より効果があるかもしれません。


徒歩5分の国分寺では国分寺マルシェが開催中


大人気の国分寺マルシェは、毎月3のつく日に近所の国分寺で開催中。マルシェはものを買うだけでなく、作家さんとコミュニケーションを取るのも楽しみの1つ。 人気の高い作家さんが集まっている割には、作家さんとお話がしやすいということでマルシェファンの方に支持されているそうです。


今回は75店舗のお店が出店で、初出店のお店が5店舗あります。 オムツ替えスペース、授乳スペースもあるのでお子様連れの方も楽しめるマルシェです。


実際に行ったレポートはこちらです。


詳しくは主催者さんのブログをチェックしてみてください。

注意点は駐車場。近い駐車場は台数が少ないので、早めに行くかのんびり第2駐車場から歩いて会場に行きましょう。 国府宮駅からバスが出ているので、公共交通機関でのおでかけも便利です。 下車するバス停は「矢合観音」です。


国分寺マルシェ、矢合観音が近い稲沢市の物件はこちら

ランキングにも参加中!!ぽちっとお願いします☺

にほんブログ村

はてなブックマークはじめました!!
気になった記事はぽちっとブックマークおねがいします☺

各種SNSもやってます!!是非♡
Instagram  pinterest
Facebook  twitter
RoomClipもよろしくお願いします♡
LINE@ → 各支店名で検索してね☺
愛くるしいペットちゃん満載な
ブルーボックスなわんにゃんもよろしくおねがいいたします♡
  • 愛知・岐阜エリアで賃貸住宅をお探しなら!
  • ブルーボックスな人々
  • フリーペーパーのご紹介
  • 星座で占う今月のお部屋探し
  • facebook
PVアクセスランキングにほんブログ村